ほうれい線治療における注射

ほうれい線治療における注射

ほうれい線治療における注射


注射が嫌いな方は以外に多いのかもしれませんね。でも、ほうれい線治療では注射を使うことがとても多いのですよ。代表的なものの一つとして、ヒアルロン酸を顔に注入する方法があります。ほうれい線治療として多くのクリニックが採用している方法であり、また、ほうれい線に悩む方の多くがヒアルロン酸注入施術を利用しているようです。


中には、「顔に注射をするなんて!」と躊躇してしまうような方もいるかと思いますが、この施術が人気なのはちゃんとした理由があるのです。注射と言っても、ほうれい線が気になる部分に刺すだけですし、多くのクリニックがちゃんと麻酔を使います。さほど心配することはないと思いますよ。腕などに注射をした経験はほとんどの方がお持ちだと思います。しかし、傷跡はほとんど気にならないのではないでしょうか?


また、施術に要する時間はわずか10分ほどと言われています。これも人気の一つになっているのでしょう。施術後は、その日のうちに化粧をすることも可能ですし、シャワーを使っても何ら問題がありません。


他に血小板治療と言われる施術にも注射が必要になります。自分の血小板を利用して、肌細胞を活性化させることにより肌の状態を改善する施術です。血小板は内部にあるコラーゲンやヒアルロン酸を作り出し、これらはほうれい線改善に重要な役割を持っています。血小板治療はイエバテ注射とも言われますが、20箇所前後注射をする必要があるようですね。


こちらも術後の化粧や入浴などは可能という場合が多いようです。ただ注射が多いので麻酔の有無はきちんと事前に確認しておくべきだと思いますね。血小板治療も、最近人気が出ているほうれい線治療の一つになります。


「注射はどうしても苦手・・・」という方は、注射を使ったほうれい線治療に関してお近くのクリニックなどに問い合わせてみるといいでしょう。クリニックでは無料で相談を受けてくれる所もありますので、あなたの不安を解消してくれるでしょう!