ほうれい線と紫外線の関係

ほうれい線と紫外線の関係

ほうれい線と紫外線の関係


紫外線が様々なトラブルを肌に引き起こすことは以前から指摘されていました。肌の老化を促し、しわを作る原因にもなっていますし、もちろんほうれい線の原因にもなっています。日に焼けた健康的な肌と引き換えにほうれい線を作ってしまうのならば、これはちょっと考え込んでしまいますよね。


顔の皮膚には真皮層という部分があり、ここにはたっぷりコラーゲンが含まれています。コラーゲンは肌の弾力や張りを維持すると同時に、肌の保湿力を保ち、肌を乾燥させないような働きがあります。紫外線は、このコラーゲンを破壊してしまうのですよね。肌の弾力の低下や乾燥は、しわやたるみを引き起こしますから、ほうれい線はより深くなっていくということになります。


こうなると、何とかして紫外線対策をしよう!と考えるのではないでしょうか?ましてや、オゾン層の破壊で年々紫外線の量が増えていると言われています。何の対策もせずに日に焼けるなど愚の骨頂であることを認識してくださいね。


まずは日焼け止めクリームを使用することでしょう。また、外出時には帽子を被る、あるいは日傘などをさすのも一つの方法ではないでしょうか。このようなことは別に難しいことではないと思いますよ。要は日課にしてしまえばいいだけのことです。


でも、人間はついうっかりということがあります。日焼けをしてしまったら、必ず肌をケアすることを忘れないでください。日焼けでは肌の水分がかなり消失していますから、肌の保湿という観点でケアするといいでしょう。ローションパックや乳液などを使用して、肌が潤った状態にしてあげることが大切ですよ。