ほうれい線と顔の表情

ほうれい線と顔の表情

ほうれい線と顔の表情


私たちは、常日頃の生活の中で意識しなくても顔の筋肉を使っています。喜怒哀楽という言葉がありますが、笑うとき、泣くとき、怒るときなど人間は様々な表情を作っています。このときに顔の筋肉は自然に使われているのですね。実は、顔の筋肉が弱くなるとほうれい線ができやすくなるという報告があるのですよ。


顔の表情が豊かな人というのは、自然に顔の筋肉をよく使っているということになります。昔から、表情の豊かな人は意外に人気者だったのではないでしょうか?また、笑顔のステキな人には美人が多いなどとも言われてきたものです。これには、ちゃんとした理由があるのです。表情が豊かであるのは顔の筋肉をよく使う、そのためにほうれい線ができにくくなり、いつまでも若々しい顔の雰囲気を維持しているということなのですね。


例えば、逆のパターンを考えてみましょうか。表情の少ない方というのは、どうも話しかけにくい雰囲気を持っているものですよね?表情が少なければ、顔の筋肉をよく使わないということになりますので、ほうれい線ができやすくなる。言葉は悪いのですが、ほうれい線は老けた印象を顔に与えてしまいます。余計に話しかけにくい、取り付きにくい人という印象を他人に与えてしまうのではないでしょうか?


このように考えてくると「たかがほうれい線」とは言えません。空いた時間でけっこうですから、顔の表情作りにトライしてみるのもいいと思いますね。難しく考える必要はありませんよ。鏡の前で思いっきり口角を上げて笑ってみたり、怒った表情を作ってみるといいでしょう。その際、大げさな表情を作ろうとすれば、いかに顔の筋肉が動いているのか実感できると思います。


いかがですか?顔の表情とほうれい線は、大いに関係のあることが理解できたと思います。あなたも今日から鏡の前で顔の表情作りにトライしてみてくださいね。